思ったより高め?行政書士試験の難易度について解説!

公開日:2022/11/15

行政書士試験は、士業の中では難易度はそれほど高くないといわれていますが、合格率は10%未満と一般的には難しい試験となります。ここでは、行政書士試験の難易度や勉強をはじめるタイミング、また効率的な勉強方法についてご紹介します。行政書士を目指している人は必見の情報満載です。

行政書士試験の難易度はどれくらい?

近年の合格率は、10~15%で推移していて、ここ数年は上昇しており、2桁台が続いています。ここ数年の合格率が上がっている理由としては、受験者数の減少が大きいと考えられています。問題が簡単になっているということも考えられるので、今が行政書士資格取得を狙う絶好のタイミングともいえます。

また、毎年のように合格率が変動しているため、試験を受ける年度によって難易度はわずかに異なるといえるでしょう。その理由には、行政書士試験は合格基準点によって合否が決まる絶対評価が採用されていることが挙げられます。

行政書士試験の難易度が高い理由

難易度が高い理由は下記3つの理由があります。1つずつ説明します。

人気の高い資格であること

行政書士は司法書士のような難易度を持つ資格ではありません。そのため、挑戦してみようと考える人が多いといえるでしょう。資格スクールや通信講座などでも人気があり、過去5年間では20万人以上が受験している資格です。

受験資格が必要ない

行政書士試験には特別な受験資格が設けられていないため、誰でも挑戦できる公平な資格として知られています。合格率は「合格者数÷受験者数」で計算される数字なので、気軽に受験した人が合格率を下げている可能性も否定はできません。

試験の難易度が高い

行政書士は、独占業務をもつ専門業種として位置づけられています。独占業務とは、資格を持たない人がその業務を行うと違法となることであり、資格なしに行政書士の業務を行うと、行政書士法によって刑事罰をともなう罰則を受けることもあります。

また、法律を扱うため、社会に対して大きな責任も問われるため、行政書士には一定の能力水準が求められ、どれだけ多くの受験者がいても合格者の人数をやみくもに増やせないというのがあります。60%得点すれば合格できる絶対評価の試験ではありますが、多くの受験者が合格してしまわないように試験の難易度を上げ、合格率を低くしています。

行政書士試験の勉強を始めるべきタイミング

行政書士試験の勉強に必要な時間は500~800時間といわれていますが、法律を勉強した経験がなく、独学で勉強する場合には800~1000時間程度は見ておくのがよいでしょう。そのため、計画を立てて勉強を進めることが肝心です。

ただ、出題されやすい内容に的を絞って効果的に学習すると学習時間は大幅に減らせます。また、行政書士試験はやみくもに勉強するのではなく、合格ラインに達することを目標として勉強を進めるのがおすすめです。

行政書士試験の効率的な勉強方法

効率よく勉強するための方法は、どのような方法があるのか気になりますよね。いくつかの勉強法があるのでご紹介します。

正しく覚えておくこと

民法や行政法というのは、行政書士の基本であり、実務に出ると必要不可欠な法律です。そのため、正しく覚えておくことが大切です。試験では、同じ事柄に対する民法と行政法の違いなどが出題されることも多く、どちらの前提もしっかりと把握しておかなければなりません。

一般知識等科目は配点が少ないものの、出題予想の難しい科目です。点数がなかなか上げられないことも多く、つまずいてしまうケースもあります。過去問も少ないことから出題予想がつきにくく、独学では非常に難しい科目でしょう。

一般知識等科目に勉強時間を割きすぎてしまうと、バランスよく勉強を進めるのが難しくなってしまいます。基準点を目標とし、深掘りをせずに勉強をするのもひとつの方法です。3時間という試験時間の中で60問を解くためには、問題を解く時間配分もあらかじめ考えておくのがよいでしょう。

独学・通学・通信講座の3種類

勉強方法としては、独学・通学・通信講座の3種類があります。

独学で勉強するメリットは、やはり費用を最小限に抑えられるという点です。独学の場合は、必要最低限の教材のみを揃えるほか、教わる相手もいないため特段安価な価格で済ませられます。

通学の魅力は、決められたカリキュラムに沿って効率的で最適な勉強が行える点です。学校側が用意した講義に沿って勉強を行うのみとなり、講師が常に身近な場所にいるため、分からないことはその場で質問できます。

好きなときに、しっかり勉強をしたいという方なら通信講座がおすすめです。講義動画やテキストが用意されており、受講者の好きなタイミングで勉強を行えます。また、独学・通学のよいところを併せ持っているところも通信講座の魅力です。

まとめ

以上、行政書士試験の難易度について、また勉強を始めるタイミングや勉強方法についてご紹介しました。行政書士試験は合格率が10~15%ほどという難易度の試験で、難しいと感じる人も多いでしょう。勉強のポイントをしっかりと押さえつつ、いくつかの勉強法がありますが、ご自身の勉強スタイルに合った方法を選ぶのがよいでしょう。

【行政書士】通信講座ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名クレアールユーキャンフォーサイトスタディングアガルートアカデミー
特徴短期間で最小の費用で合格を目指せる理想的なカタチの勉強法を提供スマホ学習で無理なく継続できる。安心のサポートもあるので合格まで学習できる全国平均合格率の3.4倍を実現した合格実績を持つサービス。スキマ時間で行政書士になる短期合格を実現する勉強法を提供自分に合った講義と講師が選べるので初めての人でも問題なく継続できる
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
行政書士コラム