行政書士試験の合格率・難易度について詳しく解説!

公開日:2023/01/15

行政書士といえば、誰にでもなれるチャンスがあり、独立開業も目指せる人気の国家資格です。書類作成や申請業務のプロフェッショナルとして、実に1万種類を超える書類業務やその相談に携わることができます。そんな行政書士試験の合格率や難易度はとても気になりますね。この記事では勉強のコツも含めて解説します。

行政書士試験の合格率・難易度

まず、行政書士試験の合格率や難易度といったデータからわかることを見ていきましょう。

合格率は10%前後!

行政書士試験の合格率は、年度によって多少の変動はあるものの、毎年約10%前後であり、この数字だけを見ると、相当に難関試験であるように思われます。

ただし実際は、受験者が幅広い世代にわたることや繰り返し挑戦している人も多いことを考えると、数字ほどには難関というわけではありません。合格者数に定員がなく、しっかり準備して合格基準点を超えた人なら必ず合格できるシステムで、すべての人に平等なチャンスが与えられた試験と言えます。

他の法律系国家資格と比べると?

合格率だけでは難易度が比べられない理由は、受験資格や合格基準が資格ごとに違うからです。例えば、合格率が30%以上ある弁護士試験では、受験資格そのものを得るほうが大変です。

また、司法書士試験は合格基準が相対的で、基準点をクリアしても上位でなければ落とされることもあるなど、行政書試験とはシステムなどが異なります。そうした条件も考慮すると、法律系国家試験の中では、行政書士試験は誰にでも挑戦しやすいものだと言えるでしょう。

受験資格に厳しい制限がないのが大きな特徴

行政書士試験は年齢・性別・学歴・国籍の制限や、実務経験などの要件を一切問われず、また、試験形式もマークシート型のため、設問さえ読むことができれば誰にでも合格のチャンスがあります。

だからこそ人気が集まってしまい、受験者数が増えているという事実はあるものの、一生モノの国家資格ですから、挑戦してみる価値はじゅうぶんにあります。

行政書士試験の勉強はいつ頃から始めるべき?

行政書士試験に向けた勉強は、いつ頃から始めるべきでしょうか?特に決まりなどはありませんが、ここでは参考情報を集めましたので、自分のやる気や生活状況に合わせて、ベストな準備期間を決めるとよいでしょう。

試験日は年に1回

行政書士試験は年に一度、毎年11月中旬に行われます。願書配布や出願は7月から8月にかけての期間で、合格発表は1月、合格者には合格証が郵送されます。

勉強の計画に応じて1年前後の準備期間

通信教育や資格スクールでは半年~1年前後のコースが用意されていることが多く、独学ならもう少し長い期間が必要になるかもしれません。社会人経験や大卒程度の学力があれば一般知識科目で有利、法律系の基礎知識があれば法令科目で有利といったように、単純に勉強時間だけでなく、その人の知識によっても必要な準備期間は変わります。

不合格でも翌年以降も再チャレンジできる

行政試験はもし不合格でも、翌年の再受験に制限はありません。受験者数が多くなる理由でもありますが、不合格も覚悟の上で1度受験、翌年以降に本格的に準備するような作戦を採用している人もいます。

行政書士試験に合格するためには?

行政書士試験に向けては、資格スクール等の学校に通うか、通信教育などを利用して対策をするのが一般的ですが、独学でも準備は可能です。合格のコツはいくつかあるので、ここでも紹介しておきます。

最低合格ラインの突破が必須

行政書士の試験には一般知識科目と法令科目の2つがあり、そのそれぞれに合格基準点が決められています。全体の合格基準点をクリアしていても、2つのうち片方だけが高得点では突破できないシステムです。よって、一般知識科目と法令科目もバランスよく得点できる力をつけるのが、まず最初の合格のコツになります。

一般知識科目はバランス重視で切り抜けろ!

行政書士の一般知識科目は出題範囲がとても広く、そこからまんべんなく出題されるのが特徴です。よって、苦手な分野をなるべく作らずに、基本的な問題をしっかり拾っていく戦い方が有利と言えます。各分野のよく出る項目を繰り返し押さえて、平均的な得点を狙うとよいでしょう。

法令科目は民法と行政法がメイン

一般知識とは逆に、法令科目は行政法と民法関連に偏って出題されます。最短効率を狙うなら、行政法と民法を徹底的にやり、他の法律は押さえる程度という作戦も考えられます。

過去問重視の計画的学習で攻略可能

専門性の高い資格試験ですから、合格には過去問分析も重要です。定期的に過去問をチェックしながら、計画的な学習ができる人なら合格はより現実的になります。学校や教材などで、合格ノウハウを知る講師や、充実の過去問データを活用できるなら、さらに合格の可能性は高まります。

まとめ

毎年の合格率が10%前後とされる行政書士試験について、その難易度の実態や、試験突破のコツなどを紹介しました。行政書士試験は誰にでも合格のチャンスがあり、きちんと勉強しさえすれば独学でも合格基準点をクリアできる国家資格です。この記事を読んで興味を持った人は、まずしっかり情報を集め、計画的な準備をすることをおすすめします。

【行政書士】通信講座ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名クレアールユーキャンフォーサイトスタディングアガルートアカデミー
特徴短期間で最小の費用で合格を目指せる理想的なカタチの勉強法を提供スマホ学習で無理なく継続できる。安心のサポートもあるので合格まで学習できる全国平均合格率の3.4倍を実現した合格実績を持つサービス。スキマ時間で行政書士になる短期合格を実現する勉強法を提供自分に合った講義と講師が選べるので初めての人でも問題なく継続できる
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧